fujisan01.jpg
金運神社は男性が多いパワースポットです

 日本の象徴のひとつであり、国内で一番強いパワースポットといわれている富士山。ここ富士山のふもとには金運をアップさせる神社、その名も通称「金運神社」と呼ばれる神社があります。金運神社こと新屋山神社奥宮です。ここへは、北口本宮冨士浅間神社とセットで来るのがオススメ。新屋山神社奥宮にまつられている神様がコノハナサクヤヒメの父と姉にあたり、一緒に参拝するとご利益が多いそうです。

 新屋山神社奥宮は、コンサルティング会社・船井総合研究所の創業者、船井幸雄氏が「お金に困りたくなかったら、この神社に行くと良い」と言っていたほどの金運の名所。最近では、パワースポットブームで新屋山神社を訪れるビジネスマンも増えていると言います。

ご記帳には会社経営者の名前がズラリ

fujisan02.jpg
本宮、奥宮の順できちんと参拝しましょう

 新屋山神社は本宮と奥宮があり、金運神社と呼ばれているのは奥宮ですが、まずは、北口本宮冨士浅間神社にほど近い新屋山神社の本宮からお参りします。こちらは、地元の人から愛されている神社。この日は、ハイキングと思われるお年寄りの団体がたくさん歩いていました。駐車場には横浜や品川など他県ナンバーの車も停まっていて、パワースポット人気をうかがわせますね。

 鳥居をくぐったらまずは手水でお清めを。ここの手水は竜神を象り、その横には水晶を持った竜像も置かれています。さすが富士山=竜神のお膝元です。ここではお賽銭はピン札の1,000円札でするのが良いと言われているようで、あちらこちらに1,000円札が並べられていました。参拝後、ご記帳をさせてもらいましたが、書かれているのは会社経営者とおぼしき方々の名前ばかり。さすが金運神社の本宮ですね! 

 次はお待ちかねの新屋山神社奥宮に向かいます。奥宮は国道138号線沿いにある北口本宮冨士浅間神社付近の道を富士山側に登っていくとあります。地元では"二合目の神社"とも言われており、富士山に向かう林道の途中にあるため、迷わないようにご注意を。本宮から車で20分ほど、徒歩なら1時間半ほどで着けるので、足に自信のある人ならハイキング感覚で行ってみるのも良いでしょう。

ご縁がないと金運神社にはたどり着けない!?

fujisan03.jpg
この看板を見逃さないで!

 行き過ぎたのではないかと思うほど道を延々上りさらに進むと、かなりの奥まった道の途中に"新屋山神社奥宮"と書かれた看板を発見! 分かりにくい場所にあるため、縁がないとここには辿り着けないとの言い伝えもある新屋山神社奥宮ですが、ちゃんとたどり着けました。ここから看板の右手に入ると、急にひんやりした空気を感じます。聖域にしても、ここまで空気が澄んでいるのもすごいです。

fujisan04.jpg
たどり着けたほっとひと安心です

 新屋山神社奥宮の参拝手順は、
(1)鳥居のある社(お参りの際には、鳥居の鈴を鳴らす)
(2)ストーンサークル
(3)赤い鳥居の脇の小さな社

の順で行うと良いそうですが、奥宮は9月初旬に改築工事が行われたそうで、今まで3つあった鳥居が2つになり(1つは移動)、新しい拝殿が建てられました。以前とは違う配置になっているので戸惑います。もちろんお賽銭は、本宮と同じ1,000円札でお参りを行いました。

ストーンサークルには「イヤシロチ」が!?

 参拝が終わったら、ストーンサークルのあるという奥へ。社を一回廻るごとにお参りをするという説明書き通りに、ぐるぐる廻り全部で3回お参りします。話によると、ここにもともと生えていた8本の木がサークル状になっていたところに、有志の方が石を並べてストーンサークルができ上がったとか。サークル内に入ると境内の中よりも一段とひんやりした澄んだ空気が漂っています。これが船井幸雄氏のいう「イヤシロチ」なのかも!? 「イヤシロチ」とは、地磁気のレベルが高く、マイナスイオンが多い場所だそうで、ハイレベルエネルギーに溢れ、何か素晴らしいことが起こる場所を指すそう。

BMWなどの高級車が続々と停まる駐車場

 最後に、鳥居の隣にある小さな社にお参りします。ここがとても大事と聞かされていましたが、鳥居がないため本当に見落としそうになります。参道沿いのペンキが塗られた段の上にあるので気を付けて探してみてください。隣にあるご神木に現れたという大山祇大神(オオヤマヅミノオオカミ)はコノハナサクヤヒメのお父さんにあたるそうなので、ここにもご挨拶をしておきましょう。

 社務所で、金運のお守りとパワーストーンを購入。気さくな宮司さんがいろいろと教えてくれるので、不安な人は着いたら先に参拝方法などを聞くのも良いと思います(宮司さんは常時いるわけではありません)。
 
 さすがに「金運神社」だけあって、私たちがいる間にも、他県ナンバーのBMWや高級車が続々と停まって参拝していました。ここ奥宮は冬期11月からの冬期になると林道が閉鎖されるためお参りはできなくなります。
(樫原叔子)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする