shitagi.jpg
Photo by Jeremy Curl Photography Flickr
※画像はイメージです

――突然ですが、ハピズムのパワーストーン番長・カラミちゃんがこのたび妊娠しました! 普段からパワーストーンに囲まれて暮らしていたカラミちゃん、妊娠できたのはもしやあの石の効果? それともあのグッズが......? ということで、今回は番外編として、子宝に恵まれる"授かりスポット・授かりグッズ"を紹介しちゃいます!

 最近は震災によるベビーブームが到来してるとかで、確かに街で妊婦さんを見かけること増えたわ~なんて思っていたら、結婚3年目にして己の妊娠が発覚! 「欲しくて欲しくて」ってワケじゃなかったけど、もしかしたら旅行先でたまたま訪れた「子宝に恵まれる神社」にお参りしたから!? それとも実はあのグッズがよかったのかも? と、思い当たるフシがちらほら。

 そこで、パワースポットや開運情報に詳しい妊婦仲間やママたちに、「そういえばこれが効果あったのかも!?」という、「授かりスポット・授かりグッズ」を聞いてみましたよ~!

■自分のパンツを奉納する和歌山県の子宝神社!

awashimazinzya01.jpg
淡嶋神社HPより

 去年、和歌山県の加太という場所へ、夫と旅行に行くことになったM子さん(32歳)。

 「特別有名な観光地でもないし、個人的な縁もゆかりもないのに、なぜか行くことになったんですよ」という彼女たちが止まった旅館の隣には、淡嶋神社という神社が。

「一見、普通の神社ですが、中に入ると雛人形や、居酒屋の前に置いてあるたぬきの瀬戸物や日本人形が、境内の敷地内にところ狭しとギッチリ並べられてて異様な雰囲気でした!」(M子さん)

 実は淡嶋神社は、子宝祈願や、人形供養、婦人病平癒祈願で有名な神社。

「絵馬と一緒に、無数のビニール袋がぶら下がってるんですよ。中から透けて見えたのは、なんと女性用パンツ! 自分の愛用したパンツを奉納して、祈願するらしいです」(同上)

 「奉納用パンツを持って来てない!」と焦らなくても大丈夫。お守り売り場に1,000円ほどで新品パンツが売っているそうです。
 
「男根がズラっと並ぶ祠もあるし、異様で怖すぎて、パンツもお守りも買わずに帰ってきましたよ」(同上)

 そんなM子さんが淡島神社を偶然参拝して、妊娠したのは約1年後。妊娠する数カ月前には、東京の雑司が谷鬼子母神に立ち寄ったこともあったという。

「鬼子母神で買った『魔よけ土鈴』を玄関に、『300円の紙のお札』は台所に貼っていました。それも効いたかもしれないけど、やっぱりあの淡嶋神社の濃厚な衝撃が、夫の精子と自分の子宮へ、直撃で効いたような気がしますよ!」(同上)
 
■実は性欲絶倫な動物、うさぎグッズで性生活を活性化!

 臨月になるK美さん(35歳)は、ある時うさぎが飼いたくなり、飼育法を調べ出した。

「うさぎって、飼うのが結構大変みたいで断念したんです。性欲も絶倫で子どももたくさん生んじゃうって聞いて。それからなんとなく、うさぎが私の中で『絶倫』のシンボルになって、うさぎのぬいぐるみを集めるようになったんです」(K美さん)
 
 「飼っているうさぎがメスと間違えて腰を振るくらいリアルです」という購入者の声が書き込まれていたリアル系のうさぎのぬいぐるみを通販で購入。夫婦の寝室の枕元に飾った。夫が絶倫になりますように、と祈りを込めて......。

usagi.jpg
ぬいぐるみに発情って......どれだけお盛んなんですか

「それが効いたのか分からないんですけど、まあまあ、セックスはしてましたね。うさぎのぬいぐるみを置くようになって半年後、妊娠しました」(同上)

 案外早かったリアルうさぎの効果。集めまくっても単なるファンシー好きにしか見えないうさぎグッズなら、夫へプレッシャーを与えることなく子作り促進祈願が自宅で気軽にできそう!
   
■インドの神様、パワーストーンに金の亀、極めつけは富士山!

 A代さん(38歳)は、第2子を出産したばかり。もともと「おめでたいもの」が好きで、彼女の家はそこら中おめでたいものだらけ。その中でも「子宝」に効いたと思われるものは?

「パワーストーンで子宝祈願と言えば、とにかく『カーネリアン』。比較的他のパワーストーンより安くて買いやすいし、どこにでも売ってるから、いつのまにかたくさん集まる。それから、インド雑貨のお店で50円で売っていた神様のシール。男女の神様が仲良さそうにしてるから、夫婦仲良くって意味で、洗面台に昔から貼ってました。夫との付き合いは、結婚前の時期を入れたら10年以上たつけど、セックスレスになっていないのは、このシールのおかげかも」(A代さん)

indo01.jpg
50円は安いけど、一瞬貼るのを戸惑う絵柄です

 さらにA代さんの携帯の待ち受けには謎の画像が。

「これは金の亀です。ただの置き物だけど、なんかおめでたいなと思って壁紙にしたら、そのあとすぐ次男を妊娠。それ以来ずっとこれにしてます」(同上)

kame.jpg
子どもと一緒に、お金まで運んできてくれそうな輝きです

 さらに、A代さんには絶対外せない開運グッズがあるそう。なんとそれは「富士山のカレンダー」!

「富士山って絶対、縁起がいいですよね。女らしさもあるし、男根っぽくもあるし、富士山のビジュアルって子宝祈願に絶対効果があると思う。カレンダーだと手軽に自宅で富士山が見られるから、来年も買うよ!」(同上)

 案外、子宝グッズは巷にあふれているんですね! 富士山カレンダーなんて日本中どこででも手に入る一品。金の亀もインドの神様も、最近ブームの北欧風インテリアには合わなそうだけど、夫との夜の潤い、子宝祈願としては、ぜひともGETしたいですね!
(カラミちゃん) 



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする