yuhobika201112.jpg
「ゆほびか」(マキノ出版)12月号

 女性誌には、人気ブランドとコラボした"布モノ"が付録でついている昨今。我らが快便開運雑誌「ゆほびか」(マキノ出版)にも、なんと今月は豪華コラボの布モノ付録が! だけどそこはやっぱり「ゆほびか」、グッチのポーチとかキットソンのバッグとか、そんなありきたりなものじゃありません。付いているのは、スピリチュアル・カウンセラー中河原啓先生特製の「堪忍袋」! イライラした時にこの「堪忍袋」の中へ思いのたけを叫べば、全てを受け止めてくれるんですって! 今回は、雑誌の内容のレビューのほかに、この「堪忍袋」が本当に効果があるのかどうか実験して、レポートいたしますよ~!

<トピック>
◎しつこい怒りが消える「オレンジの堪忍袋」
◎5分でお清め! 「頭に盛り塩」入浴術
◎イヤな自分とサヨナラできる「魔法の言葉CD」

■どぎつい色で強制的に元気になれる!?
 
 「堪忍袋」は、スピリチュアル・カウンセラー中河原啓先生の書き下ろしの「毒消し天使の絵」がプリントされた、ポリエステル製の巾着袋。袋の色はどぎついオレンジ色で、袋の口を縛る縄は開運ではありがたい色とされる金色でかなりぶっといです。オレンジ×金色のバイカラーは、見ているだけで元気があふれてきます。

yuhobika201202.jpg
これが実物の「オレンジの堪忍袋」。オバチャン洋品店にありそうな
絵柄と配色は、開運グッズの定番ですね。

 この堪忍袋に怒りの言葉を吐くことで、自分の「心のクセ」が分かるとのこと。「どうせ、私なんか!」などと卑屈な感じのことを言う人は、自信がないから暗くて人が寄ってこないタイプ。「なぜ私の言うことが分からないの!」系のことを言う人は、自分の正しさ押し付けタイプ。「私を馬鹿にして! 今に見てなさい!」系は、自信過剰で周囲から反感を買いやすいそう。袋に向かって何も言うことがない人は、怒りも鬱憤もたまらない幸せタイプだそうです。

 こんなポリエステルの袋に叫んだところで......という気持ちが正直言って拭えませんが、それを確認するためにも、実際にやってみようではないですか!
 
■恥ずかしがったらそこで試合終了です

 堪忍袋は巾着袋スタイルの袋ですが、紐通しが下の方に付いているので口をフィットさせやすい! 一人、自室で袋を口に当て、自分の気持ちを吐くというのはなかなか恥ずかしいものですが、心を無にして吐いてみました。

yuhobika201203.jpg
恥ずかしさもプライドも捨てていざ実践! 「なぜ自分は巾着に向かって
叫ばなければいけないのか?」そんな怒りもぶつけてみました。

 最初に力なく出てきた言葉は「ふざけんなよ」。「ふざけんなよ......ふざけんなよ......」と言っているうち、「ふざけんなよ......?」と強気な疑問系口調に変わっていき、「どうすんだよ......?」が登場。最終的には「大丈夫なのかよ!? ちゃんとしろよぉっ!」など、漠然と何かを心配するセリフがあふれ出て止まらなくなりました。

 どうやら自分は、"自分のだらしない生き様を心配している"ということが分かりました。誰よりも、自分に腹が立っているようです。吐き出す前は、誰かに対しての罵詈雑言が出てくるもんだと思っていたので、この結果はかなり意外でした。タイプとしては「自信がないから暗くて人が寄ってこないタイプ」でしょうか?

 吐き出した後は、金のぶっとい縄をギュッと縛って袋の口を閉じ、「これでよし」と必ず声に出すことが大切。そうすることで、ネガティブな感情を手放すことができるそうです。

 

yuhobika201201.jpg
鬱憤や怒りが溜め込まれた堪忍袋。うっかり誰かが開けてしま
わないように、力任せにギュッと縛りましょう。

 やってみると、確かに「完了!」感が違いました。個人的な感想としては、自分が気づかない無意識のレベルで、自分自身が自分のことを心配してくれていることが分かって、味方(?)がいるんだ的なあったかみを感じることができました。これで明日からも何とか頑張れそうです!
 
■最後の締めは、「ゆほびか」恒例の特別CDで

 予想以上に心があったかくなった後は、特集「『頭に盛り塩』入浴術」の「頭に盛り塩」で浄化入浴にチャレンジ! 全裸で頭の上に塩を三角形に盛る、ということなんですが、袋に毒を吐く様子と同じくらい、人に見られたくない姿ですよね......。しかも、頭の上で塩を三角に盛るにはかなりの量が必要で、一瞬、頭の中に、「エコ」「節約」という言葉が浮かびましたが、邪念として振り払いました。しかも、頭という不安定な場所への盛り塩はかなり難しい。なんとか「頭に盛り塩」はできたのですが、それよりも、「頭に盛り塩」終了後、つむじに残った少量の塩をすり込んだ方がスッとしたのは......筆者の気のせいでしょうか? まあ、単純に風呂に入ったからスッキリしたのかもしれませんが......。

 風呂がりには、もうひとつの付録「イヤな自分とサヨナラできる『魔法の言葉CD』」を聴いて、今月の「ゆほびか」フィニッシュ! 「魔法の言葉CD」は、いつもの「ゆほびか」の水の音とか電子音とかだけが入っているCDと違って、女の人(元世界銀行人事カウンセラーの中野裕弓先生)の説法が収録されています。風呂上がりで眠くなっちゃって、先生の「CD」の発音が「スィーディー」なこと以外はあまり記憶がありません!
 
 いやー今月の「ゆほびか」には身も心もほぐされちゃいました。これは、下手なマッサージ屋に行くより絶対いいですよ! 「ゆほびか」フルコース、ぜひ一度お試しあれ!
(田房永子)



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする