seikei.jpg
Photo by Kaká from Flickr 

 "開運顔"という言葉あるように、顔のパーツや配置でその人の運気を読み解くのが人相学。しかし、顔の形や大きさは、手や脚などのように成長過程やトレーニングによって大幅に変わることがないため、基本は生まれ持ったもの。何も手を加えない限り、人相が変わることはい。

 女性がもっとも気にするパーツの「目」。人相学によると、目が小さい人は自己アピールが控えめなタイプで、目が大きい人は大胆な性格で明るく、直観力に優れているタイプ。また、一重は人とは一定の距離を持って付き合うのが好きで、二重は周囲からの愛され度がとても高い社交家だ。


 手相では、自分の掌に出ていない線を自分で書いて運気アップを狙う方法もあるが、では、整形でその顔を手に入れた場合、果たして開運することはできるのだろうか? 

「顔と身体はつながっていて、バランスを取っています。整形することでそのバランスが崩れてしまい、その人本来の運気が崩れ、開運どころではなくなってしまう可能性があります」(人相学関係者)

 整形した人の後日談で「整形して性格も明るくなった」などと聞くこともあるが、それは運気ではなくその人の気分によるもの。また、整形にも流行というものがあり、その時人気の女優やアイドルの顔になりたいと美容整形を訪れてくる人が多い。

「人気女優と同じような二重になっても、その人が人気者になるわけではないですよね。整形は"流行の顔"にはなれますが、開運の顔になることはまずないですね」(同関係者)

 整形は、一度行ってしまったら定期的なメンテナンスが必要になる。また、"流行の顔"というように、整形しても、その顔の流行が終われば、また整形しなきゃ......と強迫観念にとらわれ、整形のエンドレスに突入してしまう人も少なくない。

 では、どうやって人相を変え、運気アップを図るのか? それは"メイク"だ。女性のメイクテクニック、特にアイメイクは"メザイク"といわれるぐらい巧妙になっている。すっぴん時と比べて瞳2倍増しなんて、朝飯前。一重を二重にするのも、「アイプチ」を使えば簡単にできる。

 また、風水やその年のラッキーカラーを取り入れた色使いで、運気を呼び込むこともできる。開運メイクセミナーなども開かれているので、それらを利用してみるのも手だ。

 せっかくメイクができる女性に生まれたからには、整形して決まった顔を手に入れるのではなく、メイク術で気分やTPOに合わせて、開運を楽しみつつ、自分の顔の七変化を楽しんでみてはいかがだろうか。



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする