――どれだけ開運グッズで運気を良くしようとしても、部屋の間取りが風水的によろしくなければその効果も半減。そんなどーしようもない間取りに風水アドバイザーが救いの手を差し伸べ、開運できるお宅へと導いちゃいます。

madori02.jpg
ワンルームは風水的に気になる点が多いことも。

<今回の相談者>
 25歳独身女性。会社員。1人暮らし。3年間ずっと同じ部屋に住んでいる。引きこもりがちで彼氏はおろか、友だちと呼べる存在もゼロ。「心から話しができる彼氏、友達が欲しい!」と願って話題の神社などにお願いに行くも、効果はなし。孤独を感じる毎日に嫌気がさして風水相談所に訪れる。

<間取りのどーしようもないポイント>
1)玄関が北側はNG! 
 北方位の玄関は邪悪な気が入りやすく、運気が停滞し、悪い運勢呼び込むことも。

2)窓が少ないのは! 
 南がベランダなのは良いが、太陽光が届かないお部屋は、住む人の心を暗くし、しおれた花と同じように元気を奪っていきます。

3)東南がふさがっているのはNG! 
 東南は「社交・交際運・人気運」など、人との縁を結ぶ場所。この方角に窓があると良いですが、分厚い壁でふさがれていたら自分から運気を防いでいるようなもの。これではよいご縁は流れてきません。

 以上のどーしようもないポイントを改善するために早速お宅訪問です!

■玄関をきれいにし過ぎると人がこない?

 ワンルームなので極端に狭い玄関ですが、都会暮らしでは仕方ないもの。余計なものは全て収納BOXに収まっており、むしろ「女子だよね?」と疑うほど飾り気がありません。物が少なく、きれいな玄関というのは悪くないですが、北玄関は冷たさを感じるため、閑散としすぎて寒々しい印象になると、人が訪れない玄関になってしまいます。

 室内にはベッドと小さなテーブルとイスだけ。洋服は全てクローゼットに入っていて一枚も外に出ていません。インテリアや小物など、部屋を飾るものは何もなし。玄関と同じように片付いているのは良いことですが、東南(社交運)が壁でふさがっている部屋ではもっと色合いを工夫して明るい印象にしなければいけません。

 室内の色合いが全体的に「ブラウン系」なのも問題です。心を落ち着かせたい時にはもってこいの色ですが、彼女のように性格が沈みがちな人はNG! 部屋で落ち着きすぎてしまい、意欲や行動力を下げてしまいます。

 バス&トイレが北西側にあるのも要注意。本来、心も体も美しくなるための場所ですが、この方角にあると美のエネルギーが不足するため、外見を磨けずに寂しい印象に。ワンルームなので窓がないのは仕方ないのですが、湿気とカビが気になるところ......。たっぷりの湿気は、心まで染み込みズシンと重くしてしまうもの。これも気分を落ち込ませる要因です。

■社交運には"オレンジ"が効果的

 玄関は住む人の幸運を呼び込む場所。北方角で自然の温かさがないうえに、シンプルすぎるため「寒々しい」印象の玄関は、運気を呼び込み、人気運を上げるために「温かさ」を盛り上げることが大切です。収納BOXの上に、「ピンク系の生花ブーケ」を飾ってください。女性らしさを上げ、恋愛運向上に働きかけてくれます。さらに、北玄関の邪気払いには、玄関マットも忘れずに! マットを敷くだけでも北側からの邪気を払う効果は期待できます。彼女のように寂しさを感じる場合は「オレンジ系」のマットがオススメ。オレンジは輝く太陽をイメージさせる色。元気がない時には一番効果があります。太陽をイメージさせる絵やポストカードなどを置くのもいいですね。

 窓がひとつしかない室内は、空気の流れが非常に悪いです。運気停滞ならまだいいけれど、衰退もしかねません。毎朝(できれば午前10時前)窓を開けて、15分程度でもいいので、溜まった不運とともに空気を入れ替えましょう! 社交運に関わる東南側の壁には、「自然」をイメージした海・山・植物などのポスターなどを飾り、その方向にベッドを置き、睡眠中にこの方角から社交運を吸収できるようにします。ミニテーブルには観葉植物を置いて、彼女自身のエネルギーを高めてもらいましょう。

 また、友だちの縁を招くため、「オレンジ」のアイテムをインテリア、小物、ファッションにも取り入れてみましょう。元気がなく消極的な時には、冷たい色合いはNGです。身につけるものも暖色系の色に変えることで「近付きやすい」印象を持たれるでしょう。良縁にも巡り合えるかもしれません。

 美容運をつかさどるトイレ&バスには、恋に効くカラー「ピンク系」のアイテムを投入して、女性らしさアップを図ります。風呂場の湿気対策は、入浴後に毎回タオルで水気を拭くようにアドバイス。

■明るい色を取り入れるだけで運気が激変!

 早速、閑散としていたお部屋をチェンジ! 相談者は「明るい色に変えてみたら、不思議と外出したいという気持ちが湧いてくるように。以前は嫌なことがあると、落ち込んで引きこもりがちだったのですが、最近『ま、いっか』と思えるようになったんです。周りからも明るくなったと言われます」とうれしい言葉が。出会いは室内で待っていてもやってくるわけではありません。風水からエネルギーをチャージして、積極的に人の輪を広げることが大切ですよね。引きこもりがち......と悩んでいる人は、部屋に明るい色を取り入れてみるといいかもしれませんよ。
(マツモトユニコ)



【検索ワード】  ・  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする