tuki.jpg
Photo by tarotastic from Flickr

 こんばんは! 占い師のアイビー茜と申します!

 皆さんは、月の満ち欠けって気にしたことありますか? ちょうどこの記事がリリースされている9月9日の月齢(直前の新月の瞬間からの経過時間を表したもの。詳細はこちらを参照)は11歳。空を見上げると、半月が若干膨らんだような、輪切りのレモンを横から見たような月が夜空に浮かんでいると思います。

 こちらの記事(渋谷系美人占い師が教える、星座と月と恋愛とSEXの関係)でもお伝えしているように、月の満ち欠けや配置というのは、女性の恋愛やSEXにとって、非常に重要なものです。

 別途連載している「12星座別!男性攻略法」(第1回:おひつじ座の彼は生まれたての野生児! SEXは外でするほど盛り上がる)は男性の太陽星座のお話ですが、このコラムでは、アイビー茜の専門である「月」と女性との関係について詳しくお話ししたいと思います。

■「満月に人恋しくなる」のは、身体の水分が原因!

 月の満ち欠けが潮の満ち引きに関係している話は有名ですが、実は、70パーセント以上が水分で出来ている人体にも大きな影響を与えています。

 身体的には、満月近くになると「むくみやすい」だとか「食欲がわいてくる」等の症状が現れ、精神的には「イライラする」「やたら人恋しい」、「テンションがあがる(あるいは下がる)」などの"揺さぶり"を受うける事になります。

 「満月や新月にはお産が多い」「生理周期に関係している」といった話は実はただの噂ではなく、月の引力が関係しているのです。

 そして、その影響が最も強く、色濃く現れるのが、「満月の夜」です。

 満月は、月の表面が太陽の光を万遍なく浴びている状態なので、月のパワーが最高潮に高まります。対極にある太陽が、月にパッとスポットライトを当てているようなイメージですね。このとき、満月と重なっている(地球から見て月の裏側にある)星座は、西洋占星術的に強い意味を持ちます。

 たとえば、先月8月の満月は14日でした。このとき、月は地球から見て水瓶座と位置が重なります。水瓶座は、占星術的に人とのつながりや電子などと関連性の強い星座なので、この日は、それら(たとえばSNSや電化製品など)に関連した事柄に縁のある日といえるでしょう。

 また、ここが重要なのですが、これらの意味づけは自分の星座(いわゆる一般的に知られている誕生日に基づいた星座。太陽星座という)が水瓶座の人だけに影響するわけではなく、誰にでも当てはまることなのです。

■満月と星座の組み合わせが、女性の夜の過ごし方を決める

 このように、8月14日の満月は水瓶座と重なっているので、「水瓶座の満月」という呼び方をします。

 満月は、年に12回起こります。「あれ、少ない??」と思った方、多いのではないでしょうか? 月の表情は実は細かく分類されており、満月付近の月は肉眼ではそんなに細かく見分けがつかないので、満月だと勘違いされることが多いのですが、本当の満月はひと月に1回程度しかありません。

 そして、「12」という数字から星座の数を連想された方、大正解です! 満月は年に12回、12星座のうちのいずれかの星座に在座(特定の星座の近くに星がある状態のこと)します。

 来たる次の満月(9月12日)は、何座の満月だと思いますか? 答えは、【魚座】です。9月12日は、"魚座的な事象にスポットライトの当たる夜"になります。"魚座的"というのは、具体的にどういうことなのか? それは、次回以降に詳しくご説明していきますね!

 次回からの連載では、その月の満月ごとにスポットライトの当たる星座に注目し、恋愛・セックスの観点から理想の夜の過ごし方を紹介しちゃいます★

 どうぞご期待ください!

ivyprof.jpg

■アイビー茜
渋谷野良猫系占い師。「渋谷に行けば気軽に会える占い師」を目指し、渋谷宇田川町を中心に活動中。月齢を取り入れた占術による相性鑑定に定評があり、リピーター多数。毎週日曜日、渋谷パルコパート1・B1F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
・アイビー茜公式HP



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする