――報われない恋を成就させるため、さまざまな占い師を渡り歩き、気付けば家が一軒建つほど散財していた筋金入りの占いジプシーが、自身の恋と占い生活をセキララにつづった占い体験記!(過去記事はこちら

gipsy4.jpg
宇宙人に癒やされる至福の時間?

 モグの突然の「彼女いる」発言にショックを受けた私は、とうとうライブに行くのを止めました。

当時は空前の「スピリチュアル&癒やし」ブーム。スピ系雑誌は自己治癒に関するさまざまな情報があふれていました。モグに好かれるため、10カ月以上も占いの結果に一喜一憂し、恋愛効果があると言われたアドバイスを実践し、心身ともに疲れ切っていた私は、今度は癒やしを求めてスピリチュアルの世界にハマっていったのです。

 都内のスピグッズ専門店を巡り、アロマセラピー、ホメオパシー、フラワーエッセンス、オーラソーマなど、スピ系癒やしグッズを片っ端から試しました。失恋の痛みを一刻も早く解消したい私は、ホメオパシーの砂糖玉を舌の下に入れながらフラワーエッセンスを舌の上へ垂らしたり、香りが異なる複数のオーラソーマのポマンダー(香水のようなもの)を同時にまとうなど、使い方ガイドを無視して強行治療。しかし一気に色々試し過ぎて、効いてるのかどうなのか全く分からないという状態に。もっと効果の手応えを感じられるものはないだろうか? 藁にもすがる気持ちで情報をかき集めました。

 そんな時、スピ系雑誌の特集で見つけた「リコネクティブヒーリング」。ヒーリングとは心霊治療とも言われていて、体に触れず患者の心と体を癒やす治療法。「リコネクティブヒーリング」は宇宙のエネルギーで人を癒し、しかも、人間としての変化と進化を促すというヒーリングだそう。失恋を断ち切って自分を変えたいと思っていた私は、リコネクティブヒーリングに劇的効果を求めて、ヒーラーさんに予約をしました。  予約当日。指定されたマンションの一室は、マッサージベッドが一台置かれただけの簡素な空間でした。そこに現れたヒーラーさんは、どっから見ても普通の主婦。劇的な効果を期待していた私は、その姿を見て意気消沈しましたが、ここまできたらもう後に退けません! 言われるがままにマッサージベッドに寝ました。 

 彼女は部屋の照明を薄暗く落とすと、私の体に触れるか触れないかの距離で手をかざし始めました。しばらくすると、彼女の手から温かい何かが流れているような感じが......。体が温かくなっていくにつれ、「気持ちいい~」と眠りそうになる私。30分ほどたったその時、私の視界に、灰色の影を発見したのです!! それは背の高い男の人ぐらいの大きさで、私の右側に立って、私の右ももに両手を置いていました。ヒーラーの人は私の足下に立って足の裏に手をかざし続けているし......じゃあ、私のこの灰色の影は何!? いつの間にかスタッフが増えた!? でも、誰かが部屋に入る音はしなかったし......。しかも、その影、人間の気配がしないのです。木とか岩のような感じで、動く気配もなく、どっしりとそこに立っていたのです

 ヒーリング終了後、ハーブティーをいただいていると、ヒーラーさんがおもむろに「今日、来てたねー」と一言。「何がですか?」と私が聞き返すと彼女は不思議そうに、「見えなかった? ヒーリング中、部屋にもうひとりいたでしょ」と言ったのです。そう、灰色の影は私の幻覚じゃなかったんです! 心霊治療と言われているヒーリング、もしや幽霊? と思って彼女に聞くと、「違うよ。地球外の存在だよ」と、予想外の答えが返ってきました! 私が見た灰色の影は宇宙人だったんです!! 

 彼女いわく、このヒーリングをしているとよく宇宙人が来て、ヒーリングを手伝ってくれるらしいのです。ということは、私は宇宙人に癒やしてもらったってこと!? どこの星から来たどんな宇宙人なのか、来る宇宙人は毎回違うのかなど、ヒーラーさんにいろいろ質問しましたが、彼女はそれ以上答えてくれませんでした。初めてのヒーリングで宇宙人に癒やされるとは......。私は驚きつつも感激しつつ、ヒーリング代1万8,000円を払って興奮状態のまま部屋を後にしました。  

 宇宙人によるヒーリングのおかげで心の変化が起きたのか、それからの私はだんだんと前向きになってきました。そんなこんなでモグと連絡を取らない日々が3カ月もたとうかという頃、なんとモグから「最近何でライブ来ないの?」とメールが送られてきたのです。宇宙人ヒーリングにより生まれ変わった私は、忙しいとか適当な理由で返信したのですが、それ以降もモグからはひっきりなしにメールが来るようになりました。どうせライブの誘いはバンドマンの営業だし......と断り続けていたある日、「今度の日曜の夜、暇してたら飲みにいかない?」と、モグからプライベートのお誘いが!! 

 相手には彼女がいて、私をファンか友だちとしてしか見ていないことを分かっていても、やはりうれしいお誘いメール。これを最後にモグへの思いを忘れようと決めた私は「OK」と返信しました。

 こうして私は初めてモグとふたりで飲みに行くことになったのですが、恋を断ち切るつもりで行ったデートがその後のさらなる修羅道への入り口になるとはつゆ知らず。ここを境に、私の恋とスピの狂想曲は本格的に激しさを増して行くのでした......。

<今回の散財>
リコネクティブヒーリング(60分) 1万8,000円

カワグチニラコ
イラストレーター。32歳独身。初めての占いで占い師を信じなかったばっかりに占いジプシーに。"当たる"と聞けばどこへでも行き、タロットなどの定番から変わり種までひと通りの占いは経験済み。現在、ジプシー時代に得た知識と本来の好奇心が相まって、占い師に転向しようか悩み中。






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする