atsushiryouri.jpg
「ロンブー淳の2人ごはん 恋する
77皿」(角川マーケティング)

 モデル・矢野未希子との熱愛が発覚したロンブーの田村淳。交際は順調のようで、夏休みにふたりで3泊4日のバカンスを楽しんだようだ。

 8月18日に出演した『知りたがり!』(フジテレビ系)で、夏休みに沖縄・宮古島へ旅行に行った話をした淳。その際は名言を避けていたが、「女性セブン」(小学館)で旅行の相手が矢野だったことが発覚。元カノ・安室奈美恵とのセドナ旅行に続き、矢野ともスピリチュアル旅行を計画するとは。しかも、今回ふたりが訪れた場所は、恋が実らぬ場所として有名なところだったのだ!

 宮古島は古くから神々が集まると言い伝えられており、島内にはパワースポットがたくさんある.
また、神が降臨する場所といわれている「御嶽(うたき)」が、洞窟や泉、森の中など島のいたるところに点在していたり、「ユタ」と呼ばれる神々の声を聞くことを生業としている人たちがいたりするスピリチュアルな場所。癒しを求めて毎年多くの観光客が訪れている。

 旅行初日、ふたりは滞在先の高級ヴィラでほとんどを過ごしたようだが、最終日には宮古島でも人気の観光スポット「東平安名崎(ひがしへんなざき)」へと向かったそうだ。宮古島の南東端、海に突き出した約2kmの岬で日本百景のひとつ。岬の先端部分には灯台があり、そこへ続く遊歩道からもコバルトブルーの海を一望できる絶景スポットだ。美しい景色を満喫したふたりは、途中で立ち寄った店で宮古島の貝殻を使ったおそろいのストラップを買って帰路についたと週刊誌は伝えている。

 なんとも素敵な旅行だが、ふたりが訪れた「東平安名崎」灯台の近くには、恋に破れた悲しい言い伝えがある「マムヤの墓」があるのをご存じだろうか?

 マムヤとはその昔、岬の近くに住んでいたといわれる絶世の美女の名前。マムヤの美しさに惹かれた役人たちは彼女に次々と結婚を申し込むも、マムヤはすべて断り、洞窟に身を隠してしまった。それでも諦め切れなかった野底按司(のそこあじ)は、策を巡らしてマムヤを妻にすることに成功。しかし、野底按司にはすでに妻子がおり、マムヤにはそのことを伝えなかった。結婚後それを知ったマムヤは、野底按司に「私と妻のどちらが大事なのか?」と問いただすと、「子どものいる妻の方が大事だ」と言われ、絶望してこの岬から身を投げたという。「マムヤの墓」は今もなお、悲恋の物語の地として伝承されている。

 今回のスピリチュアル旅行でラブ運アップといきたいところだが、人によってはパワースポットに訪れて、そこに溜まっている"悪い気"にあてられてしまうこともある。淳が他に女を作って、矢野がマムヤのようにポイ捨てされないことを祈るばかりだ。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 田村淳&矢野未希子が失恋スポットへ旅行に! ふたりの恋はお先真っ暗か