yugahuru201110.jpg
「ゆがふる。」(芸文社)10月号

 豪華なスピグッズ付録がウリの「ゆがふる。」(芸文社)。今号の付録は「水晶ボトルペンダント」と、なんだかファンシーな響きですが、仕上がりの程はどうなんでしょうか? 前号のクロコダイル型押し柄の金運上昇長財布が持ち歩くにはちょっと......な出来だっただけに気になるところです。付録も本誌もじっくり見て、レビューしていきますよ!

<トピック>
◎特別付録:パワーストーン付き水晶ボトルペンダント
◎冷蔵庫を整理するだけで大開運!
◎幸運を呼ぶ! 運命カラー占い

■大人の欲望を満たす開運付録

 まず、さっそく付録を開けちゃいます。チェーン付きの、手のひらにすっぽり収まるくらいの透明なガラスの小瓶に、白と薄い緑のさざれ石が入っていました。手に取ると、うーん、なんとも懐かしい感じ。と言うのもこの付録、「小さいころ、夏祭りの屋台で買ってもらったファンシーグッズ」っぽい仕上がりなんです。「ガラスの小瓶のネックレス」というのが、すでに女児向けアニメのヒロインが持ってる変身グッズめいていますし、なんだか幼い頃の胸のときめきを思い出して、キュンとしてしまいました。安っぽいということでもありますが、童心に帰れるという意味では、これはこれで悪くないかもしれない......。

 しかし、解説を読むと、速攻で現実に戻ってくることができます。「金運」や「健康運」の上昇という、少女の頃には思いもしなかった欲望を叶えるためのギラギラした仕組み満載なのです。さざれ石は白いものが水晶、緑がアベンチュリン、そして別包でブルークオーツが。金運上昇に関係する「水」のパワーを増強する水晶をベースに、アベンチュリンとブルークオーツを組み合わせて使用するそう。「全部入れもOKですよ!」とのことなので、「アイスのトッピング全部のせOKですよ」と言われたようなほくほく気分を味わいつつ、小瓶に別包の石を継ぎ足しました。

 付録のポイントは石だけではありません。すべての悪を吉に転じる「陰陽マーク」のプチチャームに、小瓶のふたとチェーンは金運を高める効果のあるゴールド、そして、ガラスのボトルは冷蔵庫と相性ピッタリだとか。「は? 冷蔵庫?」と思いますよね? 実はこの付録、ネックレスやチャームなどアクセサリーとして使用するものかと思いきや、チェーンを取り外して、本誌の特集「冷蔵庫を整理するだけで大開運!」と連動していて、冷蔵庫に入れておくことで運気上昇効果がアップするアイテムだったのです。それでは、「冷蔵庫で開運」とはどんなものなのでしょうか? 続けて見てみましょう。

■究極の開運スポット「冷蔵庫」

 風水で、お金は「寒くて暗い場所」を好み、健康と良い人間関係は「静かで暗い場所」ではぐくまれると考えられていて、家の中で「寒くて静かで暗い場所」と言えば冷蔵庫=開運スポットだそうです。開運法としては、「掃除で開運」というオーソドックスなものがベースにはなっていますが、冷蔵庫ならではの技も。冷蔵庫は「水」の気を持つので、「火」の性質を持つプラスチックはNGというもの。プラスチック製のタッパーやプラスチックボトルのドレッシングではなく、冷蔵庫と同じ「水」の性質を持つガラス容器にすると「冷蔵庫が喜ぶ」そうです。水を冷やす効果のある「金属製」のものも運気を上げる効果があるので、ペットボトルではなく缶入りの飲み物やステンレス製トレーを選ぶようにすると良いとか。付録の水晶ボトルの、「金色のふた」と「ガラスの瓶」はここで威力を発揮するわけなのです! 金運アップに対してここまで貪欲になるのはちょっと......という人は、「これも開運のための"小さな積み重ね"」と言い換え、どんどん利用していきましょう!。

■血液型占いも真っ青? の運命カラー占い

 今月の占い「運命カラー占い」は、生年月日から割り出される運命数別に「赤」「青」「黄」の3種類の運命カラーが決められ、その人の性質を当てる、というもの。3種類って、血液型占いですら4種類に分けてるのに......と、その粗さに驚きを禁じえませんが、監修を手がけた中井耀香先生によれば、この占いは企業研修で評判が良く、占いで自分や周囲の人の性格を把握すれば、対人関係がスムーズになる、ということのようです。

 内容は、将来の運気ではなく、カラー別の性格診断や、謝りたい時、褒めたい時などシチュエーション別のベストな対応方法などがメイン。なるほど、仕事で関わらざるを得ないメンドクサイ人も、「3種類のうちどれかに当てはまる」と限定され、「このタイプにはこの対応で」とマニュアル化されれば、気が楽になって何とか付き合っていけそうな気分になってきます。パターンが単純な分、簡単に日常に取り入れられそうです。そういう意味では画期的!

 その他の特集は、「人生が輝く『捨てる法則』」、「人生を本気で変える奇跡の言葉 "ありがとう"感謝のちから」と、新鮮味に欠けるものが並ぶ傾向にはありますが、付録も含め「これならやってみようかな」感はかなりのもの。もっとはっちゃけた企画も期待しつつ、来月号の付録はムーンストーンのブレスレットとリング、という豪華な予告が出ていますので、胸をときめかせて次号を待ちましょう!
(萌えしゃン)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする