最近、暑さのせいか体調不良のカシハラです。健康診断しても特段悪いところはなし。「お酒は控えめに......」(笑)などと言われるだけ。本人が自主的に医者にわざわざ出向いているのに、どこも悪くないって言われるのもなんだか腑に落ちません。そう思っていたところ、「チネイザン」という漢方でも西洋医学でもない療法があるというので、さっそく青山にあるサロンで体験してみました。

■「タオ」の考えを生かした療法

 チネイザンとは、漢字では「氣内臓」と書き、古くから中国にある「タオ思想」につながる療法で、お腹へのタッチを中心としたホリスティックなセラピー。「タオ思想」とは、人間を自然の一部ととらえ、万物と調和しようとする生き方の智慧で、神仙術、陰陽道、老荘思想、東洋医学などを結合したもの。そこから生まれた「チネイザン式のマッサージ」をするだけで内臓の働きの変化だけでなく、体の芯から生命力が湧き出てくるのを実感できるとのこと。

 施術部屋には森林の音が流れ、鳥の鳴き声とせせらぎが聞こえ、まるでリゾートにいるよう。澄んだ気の空間で、ただ寝ているだけでも心が洗われていくのが感じられるサロンです。仰々しい準備があるわけでもなく、マッサージを受ける側はベッドにお腹を出して仰向けに寝るだけ。普通のマッサージとも気功とも違うので、身体を強く押すわけでも、施術者が何か気を出すわけでもありません。もちろんアロマオイルも使いません。担当の山田さんが言うには、「よくあるマッサージのようなものだと思っている方が多いですが、ちょっと違いますね」とにっこり。

chineizan01.jpg
優しいタッチなのに痛いって感じるってことは......

 このチネイザン式のマッサージ、お腹といっても内臓全部にアプローチするので、胸の下から下腹部までとけっこう広範囲にわたって施術します。まずはウエストあたりから。触ってすぐに痛い場所があり「そこ、痛いです」というと、「肝臓が弱ってますね」とひとこと。「やっぱり、酒の飲みすぎか......」と思っていると、次に山田さんの手は肺を押していきます。押すと言っても、チネイザンの力はマッサージよりも優しいので、通常痛みはなく、痛いのはそこが相当弱っているからだそう。

 そしてそのまま手が上に移動して、あばら骨の下にある肺を持ち上げてくれました。これがびっくりするほど気持ちよく、呼吸が楽になったのを実感! ここ最近、息苦しく過ごしていたのは、夏の暑さのせいではなく、内臓が弱って肺が下がっているせいだということが判明しました。人の手で呼吸が楽になるなんて、生きていて初めての体験に驚きです。

 山田さん曰く、「こんなに内臓が悪い人を見たのは初めて。あちこちかなり弱ってます。ここまで不調なのに病気にならないのが不思議です」とまで。今まではどこの医者に行っても特にどこも悪くないと言われてばかりだったが、なんとなくだるいと感じていた不調の原因はやっぱり内臓が弱っていたのだったのですね! 現代医療でも発見されなかった身体の不調がみるみる分かるチネイザン、あなどれません。

■溜まった感情が内臓を痛める!?

 チネイザンでは、感情と内臓には密接な関係があると考えられていて、感情が溜まっていると内臓に影響が出るのだそう。肝臓は「怒り」と「優しさ」、肺は「悲しみ」に影響され、そういった感情を抑えすぎると体に出てしまうものだととか。「溜まった怒りを解消させないといけませんよ」と、言われても、自分で心当たりの怒りは特になし。それもそのはず、「みなさん、知らない間に感情が溜まっているもの」だそうなので、気付かないうちに体にきてしまうのだとか。おへその周りを押されると、ところどころ固いところがあったり、そうでもなかったり。う~ん、感情のカタマリがあちこちにあるのを実感しました。

■おへそは先祖に繋がる大事な場所

 「おへそは何を表すんですか?」と聞いたところ、チネイザンの考えでは、「おへそは母と繋がっていた場所なので全てに通じ、先祖や他の過去と繋がっている大事な場所。おへそを触っていると、過去の記憶が蘇ったり、いろんな感情が出てきたりする人が多いですね」と山田さん。「だから、その部分をいたわってあげることが大切。自分で触るときも優しくマッサージしてあげてくださいね」とも。

chineizan02.jpg
おへそを触るだけで、過去にトリップできるって
こと?

 チネイザンは「治す」というのではなく、身体の状態を確認し、自分でいたわってあげることが大事と考えられています。そして内臓がもとの状態に戻れる様に意識することで、健康を取り戻すことができるそう。

 最後に山田さんから「家で身体をお手入れするときは、まず身体に感謝することですね」とのお言葉が。そして、カシハラが、今のところ病気にならないのは、どうやら「おへその力のおかげ」なのだとか。

 明日からは、おへそを拝む毎日になりそうです。まぁ......それだけでも、腹筋が鍛えられて、インナーマッスルや内臓が鍛えられそうです(笑)。
(カシハラ@姐御)

日本チネイザン協会



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • ショップ
  • > 現代医療を越えた!? 触れるだけで身体の不調が分かる「チネイザン」を初体験