arupege.jpg
アルページュ公式HP

 多くのファッション雑誌で取り上げられ、女優やモデルの間でも注目されているジュエリーブランド「Arpege(アルページュ)」。新作「MOONBOW Collection」をスピリチュアル観点から注目してみた。

 「MOONBOW」とは、月の光によって淡い色彩で夜空に投影される幻想的な虹"月虹(げっこう)"のこと。ハワイにあるマウイ島では、月虹を見ると幸せになれる、ご先祖様が月虹の橋を渡って祝福を与えに訪れる、と言われている。

 このような幸せな言い伝えを持つ"月虹"をテーマにした「MOONBOW Collection」は、月などのモチーフに散りばめられたホワイトダイヤモンドとマルチカラーのダイヤモンドが幻想的な光を生み出し、それはまるで星空を彩る月虹の光のようだ。

 虹が多く見られるマウイ島でさえなかなか見ることができないと言われている貴重な月虹。「MOONBOW Collection」を身に着ければ、ハワイに行かなくともその月虹パワーを得ることができるはずだ。

 また、ヒーリングアイランドとも言われるハワイには、虹に関する言い伝えが多く残っている。中でも、ハワイで古くから伝わる占い「マナ・カード」には虹のカードが存在し、「虹は天界と下界を結ぶ神の道」とも言われている。そしてこのカードは「苦しみは今のうちだけで、必ずその先にはあなたが望むものがある」という意味が込められているのだそう。さらに虹は、ハワイのシンボルでもあり車のナンバープレートにも描かれているほどハワイアンたちと近い存在で、虹の女神にまつわる神話も存在する。

■神話・虹の女神カハラオプナの悲しき恋物語

 父親である風と母親である雨との間に生まれた虹の女神カハラオプナ。彼女にはサメの神の血を引く残忍なカウヒという婚約者がいた。カウヒは、カハラオプナがほかの男たちに色仕掛けをしていると勘違いし、怒りくるってカハラオプナを殺してしまい、同時に空を彩っていた虹も消えてしまう。しかし彼女の守護神によりカハラオプナは蘇り、また虹も復活。彼女の蘇生に気づいたカウヒはまたも彼女を殺す......。

 このように6回ほど生死を繰り返したカハラオプナはすっかり弱ってしまったのだが、マナハというやさしい青年に介抱され元気を取り戻し、さらにこの2人は恋に落ちた末に結婚。これを知ったカウヒは激怒してカハラオプナを完全に死に至らしめた。

 今度ばかりは生き返られなくなったカハラオプナ。夫のマナハは悲しみの中、神に「彼女は生まれ変わったのだ」と言い、神はマナハに「あなたが生涯を終えたとき、虹に座っているカハラオプナの元へ連れて行きます」と告げた。そしてそのとき、なんと空に美しい虹が現れたのだ。それ以来、虹が現れると虹の端にカハラオプナが座っているのだと言い伝えられている。

 せっかく幸せになった虹の女神の結末はなんとも切ないが、最後のくだりが心を温めてくれる。夢や希望をかなえてくれたり、虹に座っている女神が見守ってくれたりと、幸せな意味がある虹も、そういわれるゆえに悲しい物語を背負っていることもある。

 デザインが可愛くて幸せになれるから身に着けるのももちろんOK! けれど、虹が持つ本来の意味や神話を知れば知るほど、きっとそのアイテムに愛着がわくはず。そうすれば、「MOONBOW Collection」がテーマにしている"月虹"のパワーをより感じられるかもしれない。
(赤瀬弓子)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする